木ごこちのいえ

ここちよさをデザインする

HOME > 家づくりについて

家づくりについて

スケジュール

1.情報収集

完成見学会、構造見学会、イベント、相談会等に参加いただき、家づくりはもちろんスタッフ含め丸石木材住宅をよく知っていただきます。


2.建築相談

ご希望の暮らしのイメージを語っていただき、間取り、要望、外構などヒアリングします。
”イメージがまだない…。”という方でも雑誌等でイメージを掴みながら、形にしていけます。
資金計画、スケジュールの打合せも合わせて行います。
土地をお探しの方は土地情報収集、土地探しのアドバイス、購入を不動産部門のセンチュリー21丸石ホームがお手伝いします。


3.敷地調査

周辺環境、高低差や特性などの敷地環境、電気、ガス、水道等のライフライン、行政との事前協議、地番調査 等、これから始まる家づくりに必要な情報を調べます。


4.設計プレゼンテーション

敷地配置プラン・平面プランを作成してプレゼンテーションを行います。
納得のいくまで平面・立面プラン・見積書を煮詰めます。
内部・外部・設備仕様など建物に関する仕様を確認します。外構工事も希望される方は、外構プレゼンテーションも行います。


5.ご契約

土地契約、建物契約後、建築図面を作成します。
申請手続きと同時に、インテリアコーディネーターと一緒に内装、外壁、インテリア等の打合せを進めていきます。


6.着工

地盤調査を行い、地盤に問題なければ、建築確認が取れ次第着工、基礎工事に取りかかります。
基礎配筋工事完了後、日本住宅保証検査機構JIOによる配筋検査を行います。


7.上棟

基礎工事終了後、上棟します。


8.中間検査

日本住宅保証検査機構JIOと役所による、構造・防水検査を行います。
足場撤去後、外構の現地打ち合わせを行います。


9.竣工

設計士、役所による完了検査後、お客様立会いの下で、竣工検査を行います。
合格後、お引渡しとなります。


 

地盤保証・建物保険

新築住宅の検査と保険

「安心な住まい」を皆様にお届けするために、地盤保証と建物の保険に全件加入いたします。

 

日本住宅保証検査機構JIOに加盟しています

「安心と信頼の家づくり」を目標に、品質の情報開示と情報の確実性を保つため、JIO による公正中立の第三者的立場で厳正な調査・検査を行っております。

 

 

厳格な調査・検査

基礎の着工から完成までは、数ヶ月あります。各工程別に瑕疵(問題)が起きないよう、後で見えなくなってしまう部分や大切なポイントを中心に、プロの検査員がお客さまに代わり検査を行います。


1.地盤調査

まずは足元をしっかりチェック。地震に強く長持ちする家を建てるためには、建物本体を強い構造にすることに加えて、基礎が地盤の状況に合っていることが大切です。
まず、地盤の特性に適合した、基礎の形状を提案するために、建設地の地盤調査を行います。

2.基礎配筋検査

住宅を安全に支えるのが基礎です。基礎は鉄筋やコンクリートで造られています。鉄筋の配筋(組み方)が耐震性や耐久性、強度に影響します。
JIOでは十分な強度が得られるような鉄筋の配筋になっているか検査します。

3.構造体検査

屋根、壁を支えるのが土台や柱の構造材です。構造材は、耐震性や耐風性などの住宅の強さに大きな影響を与えます。
構造体検査は土台や柱などの材質や構造材が正しく施工されているか検査します。

 

アフターサービス

日本住宅保証検査機構JIOの検査員が引渡し6ヶ月と2年後のお住いの点検にうかがいます。

新しく建てた大事な我が家。長く快適にお住まい頂くためには住みはじめてからの定期的な点検やアフターメンテナンスが大切になります。

アフターハウス点検は、そんなアフターメンテナンスのひとつとして新築引渡し後のお住まいを当社に代わって第三者機関の検査員が訪問し、お住まいの設備や建具、外壁等について点検を行ない、現況を当社に報告します。

日常の使い勝手や、新たに付け加えたい設備についてなど、お住まいの気になることについても検査員にお伝えください。


 

標準仕様

長期優良住宅

長期優良住宅対応仕様

当社では、長期優良住宅対応仕様(長期優良住宅認定可能な仕様)を新築物件、標準仕様にしています。

 

長期優良住宅とは?

・耐震性能 地震に強い安心の家
・耐久性能 躯体のしっかりした長く住める家
・維持管理・更新の容易性 メンテナンスしやすい家
・住戸面積 暮らしやすい広さを確保した家
・省エネルギー性能 地球にも家計にも優しい家
・居住環境 地域のまちなみに配慮した家

建てた後も、きちんと手入れをして、メンテナンスをすることで資産価値も保たれます。


※長期優良住宅を取得する場合、別途費用手続が必要です。プラン・諸条件によっては対応できない場合があります。
※一部の規格商品は除きます。

 

耐震等級3

当社の新築物件「耐震等級3」(相当)を採用します。
警察署や消防署の耐震性と同等レベルなのが「耐震等級3」。
地震に強い家をつくるためには3つの条件をクリアする必要があります。
強い「構造体」、適切な「基礎改革」、そして、バランスのとれた「耐震設計」。
※プラン・諸条件により、対応できない場合があります。
※一部の規格商品は除きます。


 

TEL : 0736-34-2600

和歌山県橋本市を中心に新築住宅の設計、建築を行っています

丸石木材住宅 株式会社 〒648-0072 和歌山県橋本市東家5丁目4番1号  [定休日] 毎週水曜日

Copyright 丸石木材住宅 株式会社. All Rights Reserved.