STAFF BLOG

2016年03月

春うらら、エイジング日和。

本日、当社木材加工場にて、「mamanの家」の化粧梁エイジング加工作業を行いました。
当社の木材加工場は、紀の川の河川のすぐ横に位置しているにで、桜がちらほら咲き、ひばりのさえずりを聞きながらのエイジング作業ベストコンディション!です。河川敷を散歩する人たちも 見慣れない作業を不思議そうに見ていました。

 

まずは、グラインダーでエイジング加工し風合いを出します。

001

 

いよいよ塗装作業。

006

 

奥で大阪タイガースのキャップを被っているのが

総監督、当社代表 石田社長。

総監督の石田からは具体的な指示は無く

「おっ!ええ感じや!」の連呼のみ。

だが、しかし、

乗せられて、作業するスタッフもその気になって、作業がはかどります。

007

 

そうこうしている間に、塗装も終盤と思いきや。

008009

これは、下塗りで、乾いた後、また、別の色の塗装をします。

そうすることによって、通常の塗装した梁にはない「風合い」が出ます。

エイジング塗装完成です。

005004003

写真では「風合い」が、わかりにくいので、

「mamanの家」が完成しましたら是非、見学に来てください。

また、完成見学会など案内いたします。

担当P

棟上げとは、駆け引き・・・。

昨日、棟上げでした。
棟上げで一番気になるのが天気です。
何ヶ月も前から、棟上げの日時を設定し、施主さんはもとより、
段取り良く棟上げ工事が進むように、多くの業者も段取りしています。

 

私も週間天気予報と「にらめっこ」しながら、刻々と変わる「天気予報」に一喜一憂しています。
「女心と秋の空」・・・秋ではないですが、
青春時代、移り気な〇〇ちゃんの「心変わり」に一喜一憂したなぁ・・・。懐かしい。

 

天気予報で、100%雨なら、諦めもつき、延期しますが、
今回の天気予報は、微妙な「曇りと雨マーク」・・・。
正に微妙な「女心」!!

 

ここは男!「担当P」!
「俺が幸せにしたる!ついて来い!!」的に、
予定通り決行決定!!

 

日時が近づくと、かなり具体的な予報が出てきます。
「私、他にちょっと気になる人がいるの・・・」的な予報で
「朝曇り、昼過ぎより雨」。

 

「今度、うちの親に、会って欲しい人がいると言ったので一緒に来て欲しい」的に
「いつもより早く、早朝から工事して、昼までに棟を上げてしまおう!!」と各職人・業者さんに告げて強行。

 

当日・・・
午前中、なかなかの良い天気!!
004
途中、雲行きが怪しくなってきましたが、
昼すぎ無事、棟も上り、雨の養生(屋根のルーフィング)も終えました。
011

「どうだ、俺を選んで正解だったろう」
とは、嫁に言えない担当P・・・。

担当P

追伸:施主様、いろいろ心づかいありがとうございました。私の大好物、美味しくいただきました。

「老化」と「味わい」

「エイジング塗装」ってご存知ですか?
化粧品業界では、「エイジングケア」「アンチエイジング」など聞くことはあるますが、
住宅会社がなんで・・・?

当社の商品「Ayu-m Maman(アユームママン)」の特徴のひとつです。
化粧品業界の「エイジングケア」「アンチエイジング」は、老化を抑え防ぐ行為ですが、
住宅業界では、新しいものをあえて古びた感じに加工・塗装し、経年変化や使い込んだ「味わい」や「風合い」を

出すことです。ジーンズでいう「ストーンウォッシュ」や「ダメージジーンズ」のようなものです。

今回、その見本作りを当社担当スタッフが作業しました。

 

まずは、道具のセッティング。

024

 

休憩・・・。(笑)

025

この綺麗な材を加工します。

027

グラインダーでガンガン表面を削ります。

026

029

それにいろいろな色を混ぜたり、拭き取ったりしながら塗装します。

031

 

見本作りなので判りにくいですが、リビングの化粧梁などにエイジング塗装すると・・・

DSC_0081

こん感じになります。

いかがですか!この風合い!深み!木ならではの魅力ですね。

「木ごこちのいえ」の「ナチュラルかわいい家」

人も家も経年変化を「老化」とみるか?「味わい」とみるか?は、解釈の違いです。

私は、人も家もどちらも後者とみます!(みたいです・・・。)

担当P

紀州材 家づくりフェア開催しました。

先日、「イオンモールりんくう泉南」にて、紀州材家づくりフェアに参加しました。
和歌山で紀州材を使った家づくりをしている工務店が参加して、紀州材の家の魅力をPRするイベントです。

専門店街から少し離れたイオンホールという別室で行われた為、目立ちにくい場所で、
ご覧のとおり会場は閑散としていました。
016

そこで紀州材のゆるキャラの「きのぴー」(えさ)登場です。
「きのぴー」(えさ)を専門店街に出すと
子供達がよって来ます。
018

そのまま「きのぴー」を会場にもどすと
子供達を引き連れてきます。
ご覧のとおりです。
020
子供さんに連れ添って、親御さん(大人)たちも・・・。
014
へへへへ・・・。

担当P

ブログ