スタッフ日記

『耐力面材♪』

丸石木材住宅の登です。

 

今回は、現在進行中の新築現場の構造のお話を

 

お伝えさせて頂きます

 

当社の施工は、木造の軸組工法と言われるもので、

 

簡単に言うと、古くから伝わる日本家屋の建て方を継承

 

した建築になります。

 

(柱と梁で構成された骨組みのごく一般的な建築です。)

 

建築方法は昔からの建て方ですが、構造の強度に関しては

 

以前のものと比べると比較にならないくらいの強度をもつ

 

建物に変わってきています。

 

建物強度のルールも建築基準法という法律で決まっており、

 

大きな地震が発生する度に法的に建物強度の底上げが

 

なされてきております。

 

建物の強度を強くする方法はいくつかありますが、木造住宅で

 

一番普及されている補強方法は、柱と柱の間に斜めの部材を

 

取り付ける「筋交い(すじかい)」と言われる物を取り付ける方法。

 

DSCF1923

分かりますでしょうか?

 

斜めに何本か入っている部材が筋かいです。

 

建物強度をUPするためにはこの筋かいの量を

 

増やせばよいという訳です。

 

ただ増やせば良いと言うものではなく、バランスも

 

重視されるのが特徴です。

 

筋違いの取付け後には第三者機関の検査や

 

役所の検査等、厳しいチェックが待っています。

 

筋交いが図面通りの正しい場所に入っているのか、

 

筋交いの取り付けに適した金物できちんと留めているか

 

か等の様々な検査項目があります。

 

極たまに金物が1つ抜け忘れ等もありますが、検査後に

 

きちんと指定されたものを入れて、検査自体も通ります。

 

検査が通らなければ、家の建築の進行が出来ません。

 

上の画像の様な筋かいを入れて建物強度を上げるのが

 

一般的な補強になりますが、これからご紹介するのは

 

ちょっと変わった内容です

 

DSCF1938

こちらは現在建築中のお家。

 

壁に白っぽいモノが見えますが、

 

DSCF1940

アップするとこちら。

 

「MOISS(モイス)」と書かれたこの面材。

 

「国土交通大臣認定 耐力面材」とあります。

 

こちらの面材は筋交いの代りに建物に使うものです。

 

厚みが9.5mmと薄いのですが、非常に重たい

 

計算すると1枚38kg位です。

 

これを家の外周周りにひたすら貼って行きます。

 

大工さん、お疲れ様です・・・

DSCF1942

建物内部の空間はこんな感じ。

 

先程ご紹介しました筋かいが見当たりません。

 

こちらのモイスを使えば筋交いに代わる耐力を

 

得られますので、このような形になります。

 

DSCF1941

家全体をこの面材で覆うので、建物強度も

 

非常に高いものになります。

 

色んなタイプの耐力の取り方が有りますが、

 

最終的な法検査は全て同じようにありますので

 

基準値を満たした建物になります。

 

「法令遵守」の基に日々誠実な気持ちを持って

 

現場の職人さんもきちんと施工してくれています。

 

今回も無事、上記の2現場の検査は1発OKで通過

 

しました。(いつも通りです

 

これからも常にお客様の顔を思い浮かべながら誠意ある

 

建築を続けて参りたいです

 

若干内容がぶれましたが、次回からもたくさんある建築現場

 

の詳細をご紹介して行こうかと思っております。

 

皆様当社ブログのチェック、今後とも宜しくお願い致します

 

『防水施工♪』

丸石木材住宅の登です。

 

今回は、新築現場の防水の一部をご紹介致します

 

DSCF1936

扉の横の白い物体は、「防水シート」と呼ばれる物。

 

DSCF1937

薄いシートなんですが、非常に優れものです。

 

このシートの上に外壁を貼って行くのですが、

 

外壁とこのシートの間には空間があります。

 

(木材で下地をし、そこに外壁を貼る)

 

「通気工法」と呼ばれる建築方法で、あえて外壁の

 

下地には空間を設けています。

 

家は湿気に弱く、外壁と家の内部がピッタリとくっついていると

 

湿気の温床になってしまうので、空気が循環できるように空間を

 

造っておきます。

 

外壁自体は水が漏れて内部に侵入する事が無いように細心の

 

注意を払って施工していますが、万が一外壁の内部に水が

 

侵入してもこの防水シートで完全にシャットアウトします。

 

ですので、このシートは実は非常に重要です。

 

社内でのチェックももちろん十分に行っていますが、

 

こちらの防水シートは正しく施工されているか、

 

第三者機関の検査もあります

 

いつも検査は一発OKなので、今回もバッチリかと思いますが、

 

気を引き締めてチェックします

 

DSCF1935

先程の防水検査はこんなところもチェック項目になります。

 

DSCF1934

バルコニー部分もしっかりと防水できているか

 

チェックされます。

 

外部からの雨水の侵入が想定されるところは

 

チェック対象となりますので、こちらも抜かりなく。

 

ゴールデンウィーク明けに行われる検査に向けて

 

現在防水処理中です

 

検査の模様もお伝えできればと思います。

 

ご興味のある方はお楽しみに。

 

 

 

 

 

ご興味のない方もお楽しみに

『第1回丸石釣り大会♪』

丸石木材住宅の登です。

 

先日、4月13日(水)に当社の定休日を利用して

 

関連業者さん達と共に釣り大会を敢行致しました

 

「第1回丸石きごこち釣り大会」の開催です

 

釣り大会の開催場所は、醤油の里、湯浅の近くの

 

広川町という場所で行われました。

 

メンバーは総勢11名。

 

大工さん、基礎屋さん、電気屋さん、屋根屋さん、

 

設計士さん、外壁屋さん、そして丸石現場担当。

 

今回の釣り大会は大工さんの行きつけの釣り堀

 

「釣堀紀州」さんで開催されました

 

「釣堀だと釣れない事はない」という大工さんの

 

言葉にプレッシャーを感じつつレッツゴー

 

天気予報は雨の確率も若干高かったのですが、

 

橋本市を出発した頃は何とか天気は持ってくれています。

 

(橋本出発が朝の4時半でした・・・・・朝?)

 

車中でみんな天気が持ちそうだと安心していましたが

IMG_5781

なにーーーーーーッ

 

がっつり雨です・・・。

 

目的地に近づくにつれ激しく・・・・・。

 

わたくしの晴れ男パワーも空しく無情の雨。

 

IMG_5783

港に着いた頃には若干回復しましたが、

 

IMG_5784

遠くに見える風力発電もビュンビュン回転する

 

程のけっこうな風が・・・・・

 

とりあえずここまで来たら楽しもうというふうに

 

気持ちを切り替え

 

IMG_5785

参加者全員カッパに着替え中。

 

右の白い方は、

 

「飯ゃまだかい?」の催促中です

 

IMG_5786

こちらの船に乗って早速生け簀まで。

 

IMG_5788

こちらの釣り堀は本当に大人気らしく、連日

 

予約で一杯の有名店らしいです。

 

予約取れて良かった―

 

IMG_5792

わたくしのBIGBOSSにも背中から並々ならぬ

 

気迫を感じます

 

IMG_5795

5分ほどの乗船であっという間に生け簀に到着。

 

IMG_5796

数々のメイクドラマが展開される場所です。

 

IMG_5797

わたくし共の割り当てられた生け簀はこちら。

 

貸切にしておいたので、みんな気楽に楽しめる

 

かと思われます。

 

IMG_5798

画像の下の方にキラキラした魚体がチラリ

 

テンションが一気に上がって参りました

 

IMG_5802

開始1分。

 

えっ   嘘

 

基礎屋さんがもう釣れている

 

さすがこちらの釣堀に月一の常連さんです。

 

IMG_5803

さてさて何が釣れたかな~

 

IMG_5805

立派な鯛です

 

新鮮すぎて、スーパーで売っている魚に無い

 

綺麗な模様が見えます。(青い斑点)

 

それから続々とあっちもこっちも竿がしなりだし、

 

IMG_5800

大工さんが釣れーの、

 

IMG_5806

屋根屋さんが釣れーの、

 

IMG_5799

設計士さんが釣れーのと、ここまでは全て

 

鯛だったのですが、ここで

 

IMG_5810

違う魚が

 

IMG_5811

どうやらシマアジが釣れたようです

 

アジという名がついていますがこちらはかなりの

 

高級魚なんです。

 

IMG_5809

当社現場担当柴田氏もシマアジをゲット

 

 

その後、ついに超大物が・・・、

 

IMG_5813

で、デカい

 

カンパチが釣れたようです

 

60~70cmはあろうかという大物ゲットです。

 

IMG_5815

ずっと釣れずだった外壁屋さんもこの竿のしなり

 

入れ食い状態が続きます

 

IMG_5816

あまり釣果が得られていなかった誉田(ほんだ)

 

部長にもこの大物

 

この日一番の大物をゲットしました

 

(最高のどや顔ありがとうございます

 

 

わたくし自身はと申し上げますと・・・

 

1460536779565

ご覧の通り、釣れています

 

竿先が載っておらず、分からないですが、

 

IMG_5818

釣れたのはこちらの大物のブリ

 

人生で一番の大物をゲットしました

 

結局この日のわたくしの釣果は、

IMG_5820

こんな感じの大量です

 

みなさんわたくしと同様、大満足の釣果で

 

最高の休日になりました。

 

こちらの魚たちは、このあと持ち帰りきちんと

 

捌いて美味しく頂きました。(わたくし元調理人です

 

 

 

本当に楽しい時間を過ごし、早くも第2回大会を熱望する

 

声が多数上がっています。

 

年1回の行事の予定でしたが、あまりにも面白すぎて、

 

近々開催するかもしれません。

 

次回開催の模様もお届けさせて頂きます

 

いつもの現場ブログとはちょっと違う、休日の一コマ

 

をお送りさせて頂きました

『上棟無事終了♪』

丸石木材住宅の登です。

 

新たな新築現場の上棟が無事完了致しました

 

今回はそちらの模様をお伝えさせて頂きます。

 

(上棟準備の風景を前回にご紹介させて頂いた現場です)

 

DSCF1876

前回ご紹介させて頂いた通り、ここまで準備が出来て

 

いる所から棟上げがスタートされます。

 

DSCF1877

こんな感じで寝ている柱を、

 

DSCF1878

まずは手作業で大工さんが立てかけて行きます。

 

DSCF1882

相変わらず段取りが良く、こちらの画像は

 

開始30分ほど。(本当に早い

 

DSCF1883

建てられた柱に少しずつ梁をのせて行きます。

 

チラッと写っている大工さんの立っている場所。

 

大変な仕事です

 

DSCF1884

2階部分の床が出来るのは開始から1時間少々。

 

これも全て事前に段取りが終わっているからこそ。

 

仕事の段取りの良さが、良い大工さんとそうじゃない

 

大工さんの違いです

 

うちのメンバーはもちろん一流揃いです

 

DSCF1887

これも段取りの一つ。

 

左のトラックに積まれているのは石膏ボードです。

 

基本的に家の壁は、クロスの下地は石膏ボードですが、

 

その使用する石膏ボードを建てている途中に家の中に

 

搬入してしまいます。

 

DSCF1888

こんな感じに。

 

若干箱のように見える黄色い物体が何枚も重なった

 

石膏ボードです。

 

これで宅内で使うボードを外から中へいちいち入れる

 

作業は無くなります。

 

(まあこの辺は、当社だけではなく一般的にも普及

 

されている段取りなのですが・・・)

 

DSCF1889

そうこうしているうちに、屋根部分に取り掛かろうと

 

いう状態まできました。

 

DSCF1892

よく見ると斜めに部材が立てかけられていますが、

 

今回のお施主様のお家は「片流れ」というタイプの

 

屋根形状になっています。

 

(最終形状は後ほど)

 

屋根を敷く前にその下地となるのが、

 

DSCF1894

こちらの「垂木(たるき)」と呼ばれる部材。

 

以前に投稿しましたブログにも登場したかと思いますが

 

この垂木をひたすら並べ、釘打ちする作業があります。

 

DSCF1895

その間の大工さんの足場はこんな感じ・・・。

 

見ているだけで気が遠くなりそうです・・・

 

大工さん、尊敬します・・・。(わたくしには無理)

 

一応施工確認の為、上まで行って写真を撮りましたが

 

もちろん長居はしません。

 

 

 

 

ええ、しません。

 

 

 

DSCF1902

2階の状況はこんな感じ。

 

棟上げの段階ではこんな感じです。

 

棟上げ以降、大工さんが内部の造作をしていきます。

 

 

 

 

 

話は全く違うのですが、休憩中にふと天を見上げると、

 

DSCF1905

お分かりでしょうか?

 

太陽の周りにぼんやりと虹が出ていました

 

珍しい現象だったのでパシャリ

 

 

 

 

も、もちろん仕事はちゃんとしていますよ

 

 

 

 

DSCF1910

先程の垂木に屋根の下地材となる合板を貼って

 

無事棟上げが完了しました。

 

片流れの屋根形状もバッチリ見えますね。

 

DSCF1912

これから雨が続くという事で、家の周りにシートを

 

取り付けて、本日の作業は終了となります。

 

家の骨格が1日で出来るなんて何度見ても

 

凄いなぁと思います。

 

最後にお施主様が来られまして、一言スピーチの後に

 

現場の大工さんと当社の社長、営業と共に記念撮影を

 

して下さいました。

(あいにく写真は掲載できませんが)

 

本当にいい棟上げだったと思います。

 

お施主様の引渡しまではまだまだ作業が残っています。

 

気を引き締めて現場管理をし、気持ちよくお施主様に

 

お引渡しできるよう最善の対応を続けていくよう心に

 

誓いました

 

 

 

 

本日も仕事の後の晩酌は大変気持ちのいいものに

 

なりそうです

 

 

 

『上棟準備OK!』

丸石木材住宅の登です。

 

今回は4月22日に上棟致しますお施主様の

 

お家の準備の模様をお伝えいたします

 

DSCF1860

大工さんがせっせとしてくれているのは

 

DSCF1858

「土台伏せ」という作業です。

 

基礎の上に乗っけている黒い線路のような

 

ものが、「基礎パッキン」という部材で、基礎と

 

土台の間に挟みます。

 

基礎と土台が接着していないので、シロアリ対策

 

にもなりますし、基礎パッキンの間から床下に通気

 

できるという優れた素材です。

 

今現在建築するお家には結構使われている部材です。

 

上の画像をよく見ると、写っている土台の色にムラが

 

ありますが、これはシロアリ対策用の塗料を大工さんが

 

塗っている途中だからです

 

DSCF1859

左に見える黄色っぽい材料が、床下用の

 

断熱材です。

 

土台を据え付けた後にこの断熱材を設置し

 

その上から厚めの合板を敷いて作業は完了です。

 

DSCF1863

いつ雨が降ってもいいように養生をしておきます。

 

・・・途中の作業がすっ飛んでいるのは、

 

別の現場に行っている間に大工さんが作業を全て

 

終わらせていたからです・・・

 

さすがですね。仕事が早い、丁寧

 

DSCF1862

ブルーシートの中はこんな感じ。

 

棟上げ当日に、すぐに作業に取り掛かれるように

 

一番最初に使う柱等はこの様に事前にスタンバッて

 

いるんです。

 

全ての作業の段取りが完璧ですね。

 

今回も大工さんはいい仕事をしてくれています。

 

DSCF1864

材料の搬入もOKです。

 

(棟上げ当日にもまだまだ材料の搬入はあります。)

 

あとは棟上げを待つばかりです。

 

 

 

今宵のわたくしは晩酌を控えめにして早朝からの

 

棟上げに備えて早めに就寝します

 

 

 

 

・・・・・飲むんかい・・・・・

 

『上棟ラッシュ♪』

丸石木材住宅の登です。

 

ここ最近、上棟が多く、現場も会社も非常に慌ただしい

 

状況が続いております

 

大変忙しく、ブログの更新が思うように出来ていませんが、

 

今回は、先日行われました橋本市胡麻生(ごもう)の

 

上棟模様をお伝えさせて頂きます

 

DSCF1792

上棟当日。

 

晴れ男のわたくし、もちろん天気は晴れ

 

DSCF1795

これから使用する材料も準備OK

 

それでは、作業に取り掛かりましょう

 

みなさん安全第一でお願い致します。

 

DSCF1799

プロ集団の仕事のスピードは大変なものです

 

こちらの画像は開始15分ほど。(早い

 

DSCF1801

みなさんこんな感じで高所で作業しています。

 

わたくしには・・・・・・・無理・・・。

 

DSCF1805

作業開始1時間半で1階部分は完成致しました

 

順調すぎるくらい順調です

 

あえて申し上げますが、早かろう悪かろうの作業では

 

決してございません。

 

本当に腕の立つ職人集団は段取りが本当に凄いんです。

 

現場での作業は、段取りが全てと言っても過言では

 

ありません。それくらい重要な事なんです。

 

DSCF1807

作業開始が朝8時で、こちらの状況は11時頃。

 

2階天井部分がうっすらと形取られてきました。

 

DSCF1818

バラバラっとおいてある材料は「垂木(たるき)」と

 

呼ばれる部材で、屋根の骨格部分に当ります。

 

これからこの長い部材を整然と並べる作業に入ります。

 

DSCF1828

高所恐怖症のわたくしも現場の作業に不備が無いか

 

足場の上まで上がってチェックです

 

(気ぃ失いそう・・・)

 

DSCF1836

垂木もきちんと図面通りの設置で万事OK

 

先っちょが空中に浮いて見えるのは、軒(のき)が

 

画像部分まで出ている為、その下地になる垂木も

 

ここまで出て来るという訳です。

 

DSCF1808

建物の前は軒が出ていましたが、こちらの画像は

 

建物の横部分で、一般的にこの横の出の部分は

 

けらばと呼ばれています。

 

前の部分が軒で、横の部分がけらば。

 

覚えておいてください。テストに出ます

 

さらに横の部分の材料は垂木ではなく、母屋(もや)

 

とよばれる部材になります。

 

・・・わたくしも慣れるまで、この昔からの部材の名称

 

には戸惑いました。

 

他にも「なんじゃそりゃ」な名称は本当に沢山あるんですが

 

知識の自慢はここまでに致します

 

DSCF1840

先程の垂木の上に、合板を貼って行きます。

 

ようやく屋根らしくなってきました。

 

よく見ると、先程の垂木の前に板が張り巡らされています。

 

こちらの名称は「鼻隠し(はなかくし)」で、これが

 

横の部分(先程のケラバ部分)での名称が「破風(はふ)」に

 

なります。(自慢パート2)

 

建築用語ってなんでこんなんなんでしょうか・・・?

 

法律でもっと簡単な名称に変えてくれませんか?

 

DSCF1841

そんなバカなことを言っている間にあっという間に

 

完成しました。

 

作業的にはこの状況が午後3時前位でした。

 

ここから撤収作業と清掃で作業完了が午後3時半

 

といった所です。

 

プロ集団に任せればこれくらいの時間で上棟できる

 

という事ですね。

 

わたくしは現場の管理はできますが、職人ではないので

 

こんなことはできません。

 

大工さんは本当にカッコいいです。

 

 

 

 

・・・・・わたくしの次に。

 

という冗談はさておき、今回も無事事故もなく、

 

予定通りの上棟でした。

 

最後にお施主様もお越し頂き、挨拶をして頂きました。

 

本当にいい上棟だったと思います。

 

これから、当社は上棟ラッシュなんですが、すべてを

 

お伝えする事が出来るか・・・。

 

出来るだけ現場の状況をお伝えさせて頂こうと思います

 

ので、今後もこちらのブログをチェック頂きますよう

 

宜しくお願い致します

 

情報