スタッフ日記

”ダブルチェックで安心”

当社建築中の物件で、

第三者検査機関の「日本住宅保証検査機構(通称JIO:ジオ)」

による基礎配筋検査がありました。

 

通常は検査員の方は、お一人で来られるのに、今日は、2人???

「JIOの春の感謝祭!!検査10回に付き一人サービス!」的な、新たなサービスか?

 

聞くと”JIOの検査員を検査する検査員”とのこと。(ややこし)

 

どちらがどちらを検査しているかは、写真を見たら一目瞭然、ご察しの通りです。

※注:別に怒られて、お仕置きを受けているわけでは、ありません

私たちも、いつもにない緊張感が走ります。

私たちも含め、検査される方は、緊張しシンドいですが、

このような厳しい”ダブルチェックシステム”があると

ある意味安心です。

当社の配筋検査は無事、合格です。

検査員の検査は果たして・・・・???

担当P

ミスではありません。

「maman」 と 「UNITE HOUSE」の当社モデルハウスの

同時広告チラシが完成しました。

これです!

上?下???

上下あべこべ? 天地逆さま? 印刷ミス?

実は、ミスではないです。

イメージが対照的な「maman」 と 「UNITE HOUSE」の商品を

上下対照にあえてしたチラシです。

担当P

『モデルハウスにユニットバス設置♪』

丸石木材住宅の登です。

 

現在建築中の紀ノ光台モデルハウスですが、

 

外観の正面部分にも外壁の施工が完了しました。

 

・・・外壁が白色なので、貼っているのかいないのか・・・

 

近くで見るとこんな感じです。

 

縦型の角波調の金属サイディングが貼られています。

 

モダンな印象がより一層際立ちますね

 

この日は宅内でこんな作業も。

 

ユニットバスの取付けです。

 

黄色っぽい綿のようなものは浴槽の断熱材です。

 

ユニットバスはいつも現場で組み立てます。

 

空っぽのスペースに給排水の設備をあらかじめ仕込んでおいて

 

パネル状の壁や浴槽を少しづつ組み立てていく作業です。

 

こんな感じでほぼすっぽりと覆われる感じとなります。

 

よく見ると上の方に構造材などがうっすらと見えますね。

 

画像で見える隙間は隙間のままで完成です。

 

外部に接する壁面にはもちろん断熱材が仕込まれています。

 

あとは浴槽のドアを取り付けて、それ以外の部分を大工さんが

 

後ほど壁を造作して完成となります。

 

「ユニットバスってどうやって家の中に入れているの?」

 

という皆さんの疑問の解消のお手伝いになればと思いアップしました

 

この後は一気に建物が完成に向けて進んで参ります。

 

紀ノ光台モデルハウスは5月下旬完成予定です。

 

みなさまお楽しみに

『ユニテハウス建築中♪』

丸石木材住宅の登です。

 

当社が取り扱っております規格住宅の「ユニテハウス」を

 

現在モデルハウスとして橋本市紀ノ光台にて建築中です。

 

こちらの規格住宅のFCに加盟してちょうど1年ほどですが、

 

早くも4棟目のユニテハウスを建築しております。

 

(ユニテハウスの詳細はホームページをご確認ください

 

外観がとてもシンプルでスタイリッシュなのが特徴です。

 

【正面画像】

 

ボックスタイプですが、サッシなんかもあまり見たことのない

 

ような特徴のあるタイプのものを使用しています。

 

外壁の貼り作業真っ最中ですので見た目がよくわかりませんが、

 

もうすぐ外壁も作業完了し、足場も撤去されますので、その時に

 

画像をアップさせて頂きます。

 

【西面画像】

 

少し分かりにくいのですが、途中まで外壁を貼っています。

 

外壁は真っ白の仕上げになっています。(サッシ枠も白)

 

外観が完了してもこの白さは変わりません

 

本当にスタイリッシュな建物です

 

【東面画像】

 

こちらから見てもキューブタイプです。

 

3方から見ても四角く見えるのはなぜでしょう?

 

気になる方はぜひ実物をご覧ください

 

足場が取れると一気に見た目が分かり易くなります。

 

こちらのモデルハウスは5月下旬を目標に現在建築中です。

 

物件のお問い合わせ等は随時承っておりますのでみなさま

 

ぜひお問い合わせくださいませ

情報