社長ブログ

2016「熊本地震」からの警鐘

 

4月に入って、もうゴールデンウィークとなりました。

 

新年度ということで忙しくてブログをサボってしまいました。

 

申し訳ございません。

 

ひさびさなので、硬い投稿をします。

 

 

 

先日、NHKスペシャル「あなたの家が危ない」が放送されていました。

 

画面のとおり、阪神淡路大震災以降の2000年基準の家が

熊本地震で319棟のうち19棟倒壊したということです。

 

建築基準法で義務付けられているのは「耐震等級1」で、

ほとんど家はこのレベルで設計されています。

 

これは震度6~7で即時倒壊しないという最低レベルで

余震が来たら倒壊します。

 

 

熊本地震では、2番目に強い「耐震等級2」の家が9棟も倒壊しました。

 

 

 

 

 

やはり住宅は最高レベルの「耐震等級3」で建築すべきかと思います。

 

間取りプランなどで出来ない場合もありますが・・・

 

 

 

設計するとき、上下階の柱、壁がバランス良く配置されることが

とても重要です。

 

この柱、壁の「直下率」が高いほど耐震性能が優れています。

 

熊本地震で倒壊した耐震等級2の家の耐力壁の直下率は17%と

とても低いプランでした。

 

 

 

当社の設計は「ブロックプラン」という

同じ大きさのブロックを上下階重ね合わせる

間取りづくりを基本としています。

 

 

無駄がなく、合理的な考え方で、間崩れのない間取りが出来ます。

 

 

 

 

熊本地震では、建築基準法はクリアしていても、

倒壊するという事実がありました。

 

よって私たちは直下率の高い間取りづくりをおこない、

南海トラフ大地震に負けない家を建築したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

情報