木ごこちのいえ

ここちよさをデザインする

HOME > 現場日誌 > 『外壁やら電気配線やら♪』

『外壁やら電気配線やら♪』

2016-11-26

丸石木材住宅の登です。

現在建築中のお施主様のお家が順調に進行しております

dscf3093

部屋の上に格子状に入っている部材は天井の下地材です。

dscf3094

その天井下地材の中にちらほら見えるのが、電気配線です。

みなさん、お家の電気配線ってどうなっているか気になったことは

ございませんか?(普通はあまりないでしょうが・・・

単純に、柱やいろんな部材の間を通しています(電気屋さんは大変

基本的に洗面部分に分電盤を取り付けることが当社は多く、そこから

何十本もの配線が繰り出されます(写真を撮影し忘れました・・・

お家の中も順調ですが、外回りも順調に進行しております。

dscf3096

緑色の丸石木材住宅の文字がある部分は「防水シート」

と言われるシート状の素材です。

ちらっとだけ見えるのが、現在施工中の外壁ですね。

この防水シートと外壁材の間はわざと空間(15㎜程度)を開けていて、

万が一雨水等の水が浸入した場合、この防水シートをつたって、

最終的に外壁の一番下から水が出るような仕組みになっています。

防水シートは特殊な素材で、水は通さないが湿気はこもらず逃げていく

という優秀素材でず。

壁内結露を防止するために防水シートと空間を使った施工を「通気工法」

といいます。

これは木造住宅のほとんどで採用されている一般的な工法です。

私は現場できちんと施工されているかチェックし、逐一指示を出しています。

dscf3095

もう少し分かり易い画像を撮りたいのに、足場の間が狭いので

こんな感じの写真か・・・

dscf3097

逆に足場の外から撮影してこんな感じに・・・

足場がとれれば全体がきれいにご紹介できるかと思いますので

改めてご案内させていただきます。

みなさまお楽しみに

TEL : 0736-34-2600

和歌山県橋本市を中心に新築住宅の設計、建築を行っています

丸石木材住宅 株式会社 〒648-0072 和歌山県橋本市東家5丁目4番1号  [定休日] 毎週水曜日

新型コロナウイルス
感染防止策について

Copyright 丸石木材住宅 株式会社. All Rights Reserved.